穿越「卵巢早衰」絕望 堅定信念「借卵」重生

我是早發性停經,結婚後便馬上開始了不孕治療。經歷了多次的療程,每一次取出的卵子都無法使用。後續去做了卵巢的檢查,完全沒有卵子可以使用,也就表示我無法用自己的卵子懷孕。在這絕望的困境下,唯一僅存的希望就是借卵...
我想諮詢
2018-08-24
作者 客戶分享

我是早發性停經。在我高中的時候就停經了,所以只好開始吃調經藥治療讓月經來。結婚後便馬上開始了不孕治療。經歷了多次的療程,每一次取出的卵子都無法使用。後續去做了卵巢的檢查(IVA檢查),確認連原始卵泡都沒有,因為完全沒有卵子可以使用,也就表示我無法用自己的卵子懷孕。在這絕望的困境下,唯一僅存的希望就是借卵。

網路搜尋借卵,一開始只找到了去美國借卵的方式,但龐大的費用讓我們倍感負擔。就在這時,知道我情況的婦產科醫院介紹我到台灣借卵。經過詳細的確認後,如果在台灣借卵的話,不僅距離近,費用也相對美國來說便宜,終於我們看見希望之光。婦產科醫院同時介紹了兩家醫院,到底要去哪一家醫院讓我很苦惱。因此我同時發電郵給兩邊的醫院,對於兩方的醫院都進行一系列的調查。透過電郵的聯繫,兩方都很親切的回應著我的問題。我一直很猶豫,但最後我選擇了送子鳥生殖中心,因為送子鳥生殖中心是得到台灣當地所信任的醫院。而另外一家醫院雖然在日本很有名氣,網路上的資料也很相當多。但是我想最重要的是,選擇大多數當地人都會去看診且信任的醫院才是較好的決定。再來,我希望能夠早點預約初診來台灣借卵,我順利的在送子鳥生殖中心取得預約,我想這就是我與送子鳥生殖中心的緣分。

9月初我們到了送子鳥生殖中心初診。我們從桃園機場搭巴士到桃園高鐵站大約15分鐘的車程。再從桃園高鐵站到新竹高鐵站大約10分鐘的車程。最後再搭計程車從新竹高鐵站到送子鳥生殖中心大約15分鐘的車程。到了醫院後,讓我們非常驚訝!這是一棟相當宏偉的建築,猶如美術館一樣。馬上就有迎接的人員為我們開門,如同飯店般的服務。

終於面對面見到,我在日本持續與我通電郵的日語諮詢師,看起來是一位很溫柔優秀的人。帶著我們搭計程車到銀行換錢、到公證處辦理文件,計程車費也都是醫院支付。因為去銀行換錢的數目龐大,她能陪著我們一起去,讓我們感到非常安心。而且她還特地幫我們找了一家匯率比較好的銀行,很謝謝她的貼心。完成公證處的文件後,我們回到醫院,因為距離與醫師看診的時間還有一段,便詢問我們要不要先去吃個飯再回來診所,很感謝她特地為我們列印一張地圖,推薦我們一家名店。這家店在當地非常有人氣,我們吃完後也都覺得很美味。雖然在店內無法用日文溝通,當然也沒有其他日本人,但我們很享受體驗當地的寶貴時間。

後續,我們與副院長醫師見面看診,副院長醫師看起來是位很和善的醫師,讓我們很有安全感。因為醫師不會說日文,透過日語諮詢師的翻譯,為我們解答了許多問題。醫師跟我們說:『我想你今年可以順利懷孕。』這句話讓我重拾了信心,帶著希望的心情去面對未知的未來。 我有進行內診檢查,裡面全部都是最新的設備,似乎比日本的還要更好更新。結束內診檢查後,我們陸續簽署了一些同意書,也把對於捐贈者的希望條件一起傳達給日語諮詢師。由於不能看到捐贈者的長相,就把我們希望的告訴醫院,後續的一切交給了他們。

當完成全部的手續後已經到了晚上,大廳充滿了台灣當地的病患。我意識到不管在哪個國家,需要不孕治療的人都很多。然後送子鳥生殖中心果然在當地是非常有名氣的醫院。在我們要回去前參觀了醫院內的住宿環境,就像是飯店一樣,非常乾淨漂亮,只是費用有點高。我們回程搭計程車到了新竹火車站,也都是由醫院安排,也不需要支付任何費用,非常周到且貼心的服務。

回國後一個月內就配對到了捐贈者。很可惜的這位捐贈者與我們的希望較不符合,很快的兩週左右再次配對到了另一位捐贈者,我們都同意第二位的捐贈者。初診到決定捐贈者大約只花了一個半月,原比我想像的還要快速、順利。之後就在等待捐贈者進入取卵療程,等待的時間雖然很漫長,但捐贈者順利的在11月底時進入取卵療程,同時也告訴了我們當下超音波測量的卵子數量。最後在12月初進行取卵、受精、囊胚冷凍。在捐贈者的取卵療程中,日語諮詢師都會隨時與我們連繫更新最新狀態,當我們有任何問題時都會馬上回答我們,讓我們感到非常安心。就連我問了一些很細碎的小事,每次都會收到很詳細的回覆。很快的,在12月中旬我去送子鳥生殖中心進行囊胚植入,日語諮詢師還幫我安排了飯店住宿,讓我覺得很親切、溫暖。

植入當天,在植入前先給我看了囊胚的照片,告訴我說囊胚解凍後順利存活。植入也是副院長醫師親自執刀。《竟然結束了?!》我內心滿是驚訝,沒想到這麼順利植入就完成了,後續我在一個安靜的房間休息,植入後還有幫我準備中餐,讓我覺得很貼心。後續,日語諮詢師仔細地說明植入後的注意事項以及藥物服用方式。兩週後我在日本的婦產科醫院抽血驗孕,我成功懷孕了。從初診到我成功懷孕大約只花了4個月的時間,這就像是夢一樣,沒想到我竟然也能成功懷孕。

確認懷孕後,經歷了10個月又10天後,順利的生下非常可愛的女孩。雖然在這之前我繞了很多彎路,但因為我遇見了送子鳥生殖中心,現在的我才能懷抱著我心愛的孩子。在生下孩子之前,我很擔心萬一孩子跟我們不像怎麼辦,不是用我的卵子生下的孩子,我對她還會充滿著愛嗎,這些不安一直存在我的內心。但我生下孩子後,那些煩惱馬上就被吹散了,我滿腦想的都是對她的愛。 我非常感謝送子鳥生殖中心給了我這麼美好這麼大的幸福。也很謝謝一直照顧我的日語諮詢師Celine,每當我有任何不安與妳聯繫時,你永遠都是溫柔的回應著我,語言從來就不是我們之間的障礙。 一開始的我真的很猶豫也很煩惱,但我很慶幸我選擇了送子鳥生殖中心。真的很謝謝送子鳥生殖中心。

『私は早発閉経です。高校生の頃に生理が来なくなり、薬で生理を起こす治療をしていました。結婚をしてからは本格的に不妊治療を始めました。ホルモン療法をしていましたが、一度も卵胞を確認することが出来ませんでした。卵巣を検査しましたが、原始卵胞が無いとの結果でした。卵子が無いので、子供を授かることが出来ません。子供を授かることができないという絶望の中で、残る唯一の方法が卵子提供でした。

卵子提供のことを検索すると、初めはアメリカでの卵子提供がヒットしましたが、莫大な費用の壁にぶつかりました。そんな時、通っていた産婦人科から台湾での卵子提供を紹介されました。詳しく調べてみると、台湾であれば、距離も近く、費用もアメリカに比べれば遥かに手の届く金額だとわかり、希望の光が見えたようでした。産婦人科からは2つの病院を紹介され、どちらの病院にするべきかとても悩みました。両方の病院とメールでやりとりをしたりして、両方の病院のことを色々調べました。メールでのやりとりでは、どちらの病院もとても親切に対応してくださいました。悩みに悩んだ末に、最終的にコウノトリクリニックに決めたのは、地域からの信頼がある病院だったからです。

もうひとつの病院は日本人の患者に人気のようでしたし、圧倒的に情報量は多かったのですが、やはり現地の人が多く通う病院の方が信頼出来ると考えました。あとは、少しでも早く初診を受けたかったので、先に予約の取れたコウノトリクリニックにしました。これも何かのご縁かと思って。

9月の初めに初診で来院しました。桃園空港からはバスで新幹線の桃園駅まで15分。新幹線で桃園駅から新竹駅まで10分。新竹駅から病院まではタクシーで15分くらいでした。病院に着くと、びっくりする程立派な建物で、まるで美術館のようでした。ドアマンのお出迎えもあり、ホテルさながらです。

日本で何度もメールでやりとりしていた日本語の話せる担当の方とご対面。見るからにとても優しそうな素敵な方でした。銀行へ両替と役所へタクシーで連れて行ってくれました。この時のタクシー代は病院持ちです。両替はなかなか大金だったので、一緒に行ってもらえてとても安心でした。連れて行ってもらった銀行はレートも良く、担当の方様様でした。役所での用事も済み、病院に戻り、先生の診察まで時間があるので、今のうちにご飯食べて来ますか?とお気遣いいただき、わざわざオススメのお店の地図をプリントアウトしてくださいました。教えていただいたお店は現地の人に人気のお店で、美味しかったです。日本語は通じなかったですが、もちろん日本人もおらず、現地を満喫した様な貴重な時間になりました。

その後副院長先生の診察に通されました。副院長先生も見るからに優しそうな方で、安心感がありました。副院長先生は日本語が話せないので、担当の方が通訳してくれながら幾つかの質問に答えました。そして『今年中には妊娠可能だと思います。』と言っていただきました。その自信にこちらも希望が持てた気がしました。内診もありましたが、全てが最新機器で、日本よりも遥かに優れているようでした。

内診後は書類にサインをしたり、ドナーさんの希望を伝えたり。ドナーさんの写真などは見ることが出来ないので、とにかく病院に希望を伝えて、あとはお任せするのみです。全てが終わる頃には夜になっていて、ロビーには現地の患者さんでいっぱいでした。やはりどこの国でも不妊治療されてる方は多いんだなと実感しました。そしてここの病院はやはり現地の方に人気なんだと実感しました。最後にお支払いをしましたが、卵子バンクの登録料のみクレジットカードが使えました。NT$80,000だけですが、少しでもクレジットカードが使えて助かりました。帰り際に病院の宿泊施設を案内してもらいましたが、ここもまたホテルの様でとても清潔感があり、とても素敵でした。ただ、宿泊料は少しお高めです。帰りの新竹駅までのタクシーは病院側が手配してくださって、尚且つ支払いも不要とのことで、至れり尽くせりでした。

帰国後、1ヶ月もしない内にドナーさんの紹介がありました。残念ながら1人目のドナーさんは私たちの希望には沿わずでしたが、2週間程で2人目の方の紹介があり、その方にお願いししました。初診から約1ヶ月半でドナーさんが決まり、思っていた以上にスムーズでした。それからはドナーさんの採卵まで何も進展のない時間に悶々としましたが、11月末から採卵周期に入り、その時点での卵胞の数も教えてくださいました。結果的に12月初めに採卵、受精、胚盤胞の凍結が完了しました。随時進捗状況は教えてもらえるし、何か質問があればすぐに答えてもらえるので、とても安心でした。ちょっとしたことでも質問していましたが、毎回丁寧に答えてくださいました。

そして12月半ばには胚盤胞の移植に渡航しました。担当の方にはホテルの手配もお手伝いしてもらったり、本当に親切にしていただきました。移植当日は、移植する胚盤胞の写真を見せてくれて、無事融解出来たと教えてくれました。移植も副院長先生がしてくださいました。もう終わったの?!ってくらいスムーズに移植も終わり、安静にと、とてもゆっくり休ませてくださいました。昼食も用意してくれていて、とにかく親切でした。移植後の生活についてや、お薬の説明など丁寧にしてくださいました。

それから約2週間後に日本の産婦人科で妊娠判定の検査をし、無事陽性の判定をいただきました。初診から約4ヶ月で、無事妊娠することが出来ました。夢のようでした。まさか自分が妊娠出来るなんて。それから十月十日が過ぎ、無事可愛い可愛い女の子を出産しました。

色々遠回りはしましたが、コウノトリクリニックと出会えたことで、今私の腕の中には愛しい我が子がいます。生まれてきてくれるまで、自分たち夫婦に似ていなかったら、自分の卵子ではないから愛情が持てなかったらと不安に思うこともありましたが、実際生まれてきてくれたら、そんなことは吹っ飛んで、ただただ愛おしいです。

こんなに大きな幸せをくださったコウノトリクリニックとドナーさんには感謝してもしきれません。いつもクリニックとの窓口になってくださったCelineさんには本当にお世話になりました。不安なことがあるとすぐ連絡してしまいましたが、いつも優しく対応してくださって、言葉の壁もノーストレスでした。

たくさん悩みましたが、コウノトリクリニックを選んで本当に良かったと思っています。

本当にありがとうございました。

評論

送子鳥生殖中心
送子鳥生殖中心
  1. 卵巢早衰的關係,雖然經歷多次取卵療程,但每次取出後的卵子都無法進行受精。因此您決定要做卵巢檢查 (IVA:in vitro activation) 去確認是否有原始卵泡可以使用,很可惜結果是並無可使用的原始卵泡。
    ※ 卵巢檢查 (IVA:in vitro activation):通常針對於排卵針劑效果反應不佳、卵巢早衰的客戶進行此檢查。首先,透過腹腔鏡將客戶的卵巢取出,將卵巢內的組織進行檢查,確認卵巢內是否有可用的原始卵泡,如果確認有的話,將會透過人工活化的方式培養成卵子後進行使用。 
  2. 客戶都會時時刻刻紀錄著自己的生活,確認懷孕後又經歷了10個月又10天懷孕的過程,客戶更是詳細的紀錄著寶寶的一切,並且時常的分享寶寶的最新狀況給我,讓我能一同參與他們的喜悅。我想這就是當諮詢師的福利,客戶們時常都會分享開心的事給我。
  3. 客戶在送子鳥的幸孕數字:
     

    成熟卵子

    正常受精卵

    囊胚

    植入

    結果

    顆數

    18

    12

    5

    Day5:4BB

    順利生下寶寶

王懷麟 醫師
王懷麟 醫師
  1. 遇到先天卵巢早衰的狀況,通常無解。即便以體外活化(IVA)的方式,找到卵泡的機率很低,後續懷孕的可能也微乎其微;更須透過侵入性的腹腔鏡手術,取得卵巢組織才能確認。

  2. 感動的服務及「盡快、愉快」的兩快哲學,一直是送子鳥的DNA文化與精神。讓每個來院的客戶,能夠感受溫暖,並在最短的時間內,愉快地完成懷孕的目標;如此才能讓每對夫妻享受圓滿的家庭幸福。

留言